2018年08月14日

「カンテラ日誌」を溶解処分という異常


nissi.png

 気象庁東京管区気象台の総務課が、富士山測候所の職員が68年間にわたってつづった40冊以上の「カンテラ日誌」を、他の行政文書と一緒に溶解処分したという件。
 引用した毎日新聞の記事にある通り、大変貴重な資料で本当に取り返しのつかない愚かな行為を行ったものだと思うが、この記事を含めて「戦時中の・・・」といった指摘が多く見られることには違和感がある。この資料の本当の価値は、言うまでも無く過去の「気象観測業務」の詳細な情報にあるのであり、技術史の観点からも極めて重要なものだったからである。
  "処分" に関して、総務課は「他の行政文書と一緒に溶解処分した」とする一方で「行政文書に当たらない」と主張するなど、矛盾したことを述べ、さらには「庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」などとも主張する。本当に「行政文書にあたらず・必要ないもの」と言うなら何故 "溶解処分" する必要があったのだろう。
 この種の資料は、これまで大学等の研究機関に寄贈、あるいは博物館・資料館等に寄託するか、場合によっては職員が貰い下げて自宅に保管(退職後も)する、という形が一般的だった。つまり、今回の "溶解処分" は決して従来通りなどではなく、異常なことが起きたと見るべきであり、明らかに「行政文書管理」に関する "状況の変化" すなわち財務省・国土交通省などの一連の事案に起因する「とにかく、早く捨ててしまえ」の騒動に巻き込まれたと考えるのが自然である。
 東京新聞の望月衣塑子記者は、現在私が最も高く評価し信頼するジャーナリストの一人だが、この件について Twitter で『価値判断を現場任せにしない仕組みを新たに設けるべきではないか。』と述べていることには全く同意できない。彼女は永田町や霞が関での取材が中心であることから、東京管区気象台のことを "現場" と書いたのだろう。しかし、気象庁や国土地理院においては、気象台や地方測量部などの出先で働く技術職員たちが本当の "現場" なのであり、合同庁舎内の総務課で働く事務官は彼等とは異なる "官僚" である。
 上にも書いたように、本当に現場(職員)任せにしてくれていたら決して処分などされず、置き場が無いのなら今頃はどこかの大学か退職職員の自宅に保管されていた筈である。先輩たちの歴史を刻んだ資料に敬意も愛着も感じない、そして歴史的・文化的価値も理解できない一方で、保身と忖度だけは身に付けた官僚の手によって、この貴重な資料は失われたと見るべきである。

富士山測候所
日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
毎日新聞2018年8月10日 07時00分

 気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧したことがある気象専門家らは「職員が見たまま感じたままを率直に記した第一級の歴史資料だった。機械的に捨てるなんて」と批判している。

 同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。

 日誌は、測候所が山頂(3776メートル)に移転した1936年から無人化された2004年まで書き継がれ、その後の大半は東京都内の同気象台に保管されていた。毎日新聞は今年1月、情報公開法に基づく開示請求で「不存在」の通知を受け、取材で「庁舎内にない。これ以上分からない」と説明された。3月の報道後、廃棄が分かったという。

 日誌は一部が一般書籍や気象庁発行の冊子、研究論文などに引用されている。観測奮闘記のほか、戦時中は南から飛来する米爆撃機B29の編隊や、空襲に遭った街が赤々と燃える様子を描写。「中都市が攻撃を受け、毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実」などと記していた。

 NPO法人「富士山測候所を活用する会」理事の鴨川仁(まさし)・東京学芸大学准教授は「世界でも珍しい資料。なぜ廃棄したのか理解できない」と落胆。「戦争被害調査会法を実現する市民会議」(東京都)の川村一之事務局長は「戦争に翻弄(ほんろう)されながら気象観測をしたことが分かる唯一無二の記録。もう読めないのは残念だ」と批判する。【荒木涼子】


posted by Yorifuji.T at 13:57| Comment(0) | 情報・資料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。