2016年04月21日

熊本地震:黒川第一発電所関連施設の破壊と土砂災害

 熊本地震の土砂災害では、阿蘇大橋直上の事例が大きく扱われているが、他にも大規模な斜面崩壊、土石流が発生している。
 その中で、明らかに性格の異なる「災害」が発生しているのだが、殆ど報じられていない。

 それは、JR豊肥線立野駅の北方の山腹から発生し、西北西から西、そして南西へと弧を描くように崩れた崩壊である。先端部において住宅を巻き込み、被害が出ている。
 この崩壊の性格が他と異なるのは、下に示す地形図と崩壊後の空中写真で明らかなように、崩壊の発生とその激化に「人工構造物」である送水管と貯水施設の破壊が関与している点である。
 この施設は、九州電力の黒川第一発電所の一部で、流量調整用の貯水槽に上流部から水を運ぶ導水管が接続、そして低位にある(狭義の)発電所に水を送る水圧管の出発点となっている施設と思われる。

 地震直後の各社の空撮映像では、この施設が大破して大量の水が激しく流出(と言うより噴出)し、森林や土砂を押し流している様子がとらえられていた。筆者の手元には現在その映像がないが、毎日新聞が直撃を受けた被害者のインタビュー動画を公開している。

熊本地震:「川のように流れてきた」 土砂崩れ現場・南阿蘇
http://mainichi.jp/movie/?id=4849040569001

 その後、水は止まっているが、これは単なる斜面崩壊ではなく、明らかに、施設破壊による「二次災害」であると考えられる。
 「大規模自然災害」ー「発電所施設の破壊」ー「二次災害発生」というこの“災害”は、東京電力福島第一発電所で起きたものと、被害の「質」こそ違うものの共通の構造をもつと考えられる。
 九州電力はどう対処するのだろうか。

tateno02.png

tateno01.png

 これらの図版はいずれも、国土交通省国土地理院の「地理院地図」によるものである。
http://maps.gsi.go.jp/#12/32.880740/130.961151/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=20160414kumamoto_0420suichokul01&vs=c1j0l0u0f0&d=vl

posted by Yorifuji.T at 05:32| Comment(0) | 自然災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。